3-6 図面の書式

製図用紙

製図用紙には、ケント紙、トレース紙、方眼紙、斜眼紙などが使われています。

製図用紙の大きさは、JISで決められています。JISでは、A列、B列という2種類のサイズを規定していますが、製図用紙にはA列の用紙が使われます。A0からA4 までの紙を使うように決められています。

紙の縦と横の比は、1: 2になっていて、番号が一つ大きくなるごとに、大きさが1/2になっています。A0を半分に折ると A1、その半分はA2 というように、解りやすくなっています。

輪郭線を描く場合、用紙の幅からの余白の最小値が決められています。表3.6.2の値を覚えておいてください。線の太さは、0.5mm以上です。実際には、たいていの会社で独自の書式を決めているので、印刷済みの用紙を使っている場合が多いようです。

使用する文字

図面に記入する文字には、漢字、かな、数字、ローマ字が使われます。数字とローマ字にはA形書体又はB形書体のいずれかの直立体又は斜体を用い、混用してはいけません。文字は、書体を規定していませんが、読み間違いのないように明確に描くことが大切です。JISでは、文字の大きさが規定されています。

コメント