3-3 寸法公差

寸法公差とは

直径50mmと寸法が記入されている場合、実際に50mmちょうどに仕上げるのはほとんど困難です。しかし、機械部品は、厳密に寸法が一致していなくても、ある程度の範囲に仕上がっていれば実際の機能に差しつかえがない場合が多いものです。また、必要以上に厳密に作っても、手間とコストがかさむばかりです。

図面上で直径 50mmの部品で、実際は49.96mmから50.05mmまでの間に仕上がっていれば合格品として扱うことができます。

部品を作ったとき、実際に仕上がった寸法を「実寸法」加工の基準になる寸法つまり図面にかかれている寸法を「基準寸法」といいます。

許される限界を表す寸法を「許容限界寸法」といいます。大きいほうが「最大許容寸法」、小 さいほうが「最小許容寸法」です。そして、この「最大許容寸法」と「最小許容寸法」の差を、「寸法公差」と呼びます (紛らわしくない場合は「公差」ともいいます)。そのうち、最大許容寸法と基準寸法との差を「上の寸法 許容差」最小許容寸法と基準寸法との差を「下の寸法許容差」といいます。公差の中には、工作精度のように公差が積極的な意味をもたないものがあります。この場合、図面上に寸法許容 差を記入すると、必要以上に製作や検査が厳しくなったり、図面が見づらくなったりします。このようなときの 目安として、JISでは「普通寸法公差(普通公差)」を定めています。主に機能上特別な精度が要求されていない寸法に適用します。

コメント