4-8 ばね

各種のばね紹介

• コイルばね

「コイルばね」は、丸棒か四角の線材をねじ状にまいたものです。その用途によって、「ひっぱりばね」  「 圧縮ばね」「ねじりばね」に分類できます。

• 重ね板ばね

ばね用鋼鈑を数枚重ねて作ります。自動車や電車などで、車両と車軸との緩衝用として利用されます。

• うず巻きばね

帯状の板、または針金をうず巻き状に巻いたもので、一般には「ぜんまい」と呼ばれています。

• 竹の子ばね

幅の広い帯鋼、または平鋼をうず巻き状にして軸方向に伸ばしたようなばねで、衝撃の緩衝用などに利用さ れます。

• トーションバー

ねじり力によってばね作用をさせるもので、ふつう断面形状が円形の棒で、両端は六角形かセレーションが 切られています。自動車や電車などの懸架装置などに 利用されています。

• さらばね

皿の形をしたばね鋼を、一枚か数枚重ね合わせて使います。たわみ量は少ないのですが、大きな負荷を受け持つことができます。

コメント