4-6 軸受

軸受の種類

• 軸受の分類

○ 軸と軸受の接触状態による分類

すべり軸受‥‥‥‥‥‥軸と軸受がお互いにすべって接触します。

   特徴  

   1. 比較的低速回転向きで静かな運転ができる。寿命が長い。

   2. 伝達トルクが大動力で軸受への荷重が大きな箇所に適す。

   3. 軸受への衝撃荷重に強い。

   4. 構造が簡単で製作が容易なため安価で摩耗による修理も簡単にできる。

   5. 接触面積が大きいので特に始動時などに摩擦抵抗が大きい。

ころがり軸受‥‥‥‥‥‥軸と軸受の間に玉やころを入れてころがり接触します。

   特徴  

   1. 摩擦抵抗が小さく動力損失が少ない・起動摩擦も小さい。

   2. 高速回転でも摩擦による発熱は少ない。

   3. 外径は大きいが幅は小さくなるので全体の軸受部を小さくできる。

   4. 保守が簡単・グリース封入の場合は特に必要なし・また補給も容易。

○ 荷重の方向による分類

ラジアル軸受‥‥‥‥‥‥軸受に働く荷重の方向が、軸に直角なもの。

            軸の中心から放射状の方向の荷重、つまりラジアル荷重を受けるので こう呼ば

            れる。

スラスト軸受‥‥‥‥‥‥荷重の方向が軸に平行な場合。軸方向に推し進める力つまりスラスト荷重を受

            けるのでこう呼ばれる。

 

コメント