4-2 キー

キーの種類

キーには、いろいろな種類があります。

一般的によく使われるキーの種類に、「平行キー」「こう配キー」「半月キー」の3種類があります。これらのキーは軸とボスに共通の溝を作り、これにはめ込むようにするものです。こう配は、キーの片側とボスのキー溝に付けます。軸のキー溝には付けません。主にキーの上下にしめしろを付けます。

キーの材質

キーの材料は、回転を伝えるための荷重に十分耐えられるような、硬くて強い材料を使用します。原則として、引張り強さが600N/mm2以上の鉄鋼を使います。キーに使用される材料は「炭素鋼」の一種で、鉄に炭素が含まれているものです。JISB1301には、以下のような材料が規定されています。S20C-DまたはS45C-D... 炭素鋼で冷間引き抜き加工したもので、一般にみがき鋼といわれます。※S45C:炭素が0.45%含まれていることを表す。

S20C-D または S45C-D ‥‥炭素鋼で冷間引き抜き加工したもので、一般にみがき鋼といわれます。

SF55          ‥‥炭素鋼鍛鋼品

S35C または S45C   ‥‥機械構造用炭素鋼鋼材

キーの寸法と精度

平行キー、こう配キー、半月キーなどは、その形状と寸法がJISに細かく規定されています。

キーの端部形状も、JIS で規定されています。「両丸形」「両角形」「片丸形」の3種類です。こうして規定されていますので、図面に正確に記入しなくても、形状寸法はわかります。

キーの図面上での指示

キーについては、組立図の中の部品類、または部品表の中で指定します。

細かな寸法公差などは、JIS 規格どおりということで、特に記入の必要はありません。

コメント